アルバイトと源泉徴収

アルバイトと源泉徴収

アルバイトだからといって、税金と無関係ではありません。アルバイトと源泉徴収について調べてみました。

源泉徴収と言うと、税金源泉徴収の仕事をやったことがある人以外は、なんかよく分からないというのではないでしょうか?源泉徴収は一般的に会社側でやってくれるので、自分で行う必要がないからです。給与支給者つまり会社や店主に、源泉徴収は行う義務があります。

源泉徴収の計算

アルバイトと税金源泉徴収は密接な関係をもっています。アルバイトと税金源泉徴収なんて言ったって、本当に日払いでアルバイトしているだけだし、そんなもの引かれた事ないと言う方も結構いるようですが、アルバイトと税金源泉徴収をあなどってはいけません。それは、税金を引かれすぎて損をしているかも知れないからです。源泉徴収は給料やボーナスなどから必要経費を引いた所得にかかる税金を計算して引かれます。

年末調整で税金還付

一般のサラリーマンの場合、収入はひとつの会社からのみなので問題はないですが、アルバイトの税金源泉徴収は少し複雑になります。
1年の間に支払った税金と本来支払うべき税金の差額を年末に調整し、払いすぎている場合は税金が還付されるのが年末調整と呼ばれるものです。
アルバイトと税金源泉徴収の計算は、1年間の集計をすると、かなりの人が税金の還付を受ける対象となっているそうです。

源泉徴収の義務

源泉徴収とは、ざっくり言うと「給料やボーナスを支払われる際に、所得税や住民税、社会保険税などがひかれて国に収められる税金」の事をいいます。所得税の源泉徴収をさして言う事が多いようです。
「源泉徴収票はとっくに貰った!もうわたしには関係ない!」と思っている方がほどんどですが、アルバイトと税金源泉徴収には注意点がいくつかあります。
もともと源泉徴収は企業側が行う義務があり、あなたが給料を受け取る際に、すでに源泉徴収されています。アルバイトの税金源泉徴収は企業側の義務です。アルバイトとはいえ、税金が勝手に引かれているんです。会社の経理担当者は、源泉徴収税額表にしたがってバイト代から税金を天引きし、あなたに支払っているのです。

源泉徴収の計算

アルバイトの税金源泉徴収も通常方法で割り出されます。源泉徴収税額表には、アルバイトとサラリーマンの間に税金源泉徴収に関しての特別な差はなく、同じように計算されます。
アルバイトの税金源泉徴収の所得税額は、勤務した時間や日数で大きく違ってきますし、雇用期間などによっても違うので、1年を通じて支払うべき税額が当然の事ながらかなり違ってきます。アルバイトでも税金を取られすぎているかもしれないので、税金源泉徴収を年末調整の時期に、一度確認してみてください。

アルバイトと源泉徴収メニュー

アルバイトと源泉徴収リンク